ビルダーズブリッジある日の社長


仕事のことも、仕事でないことも気ままに気ままに・・・
by buildersbridge
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
藤森幹仁さん、アコンカグ..
by 匿名 at 11:43
おかげさまで、我が家の夢..
by F at 21:12
F先生、地鎮祭にお招きい..
by buildersbridge at 18:14
S様、こちらこそ有難うご..
by buildersbridge at 18:05
先日はありがとうございま..
by 鎌ヶ谷のS at 19:53
この度は、いろいろとあり..
by 小金原のF at 13:31
船橋のN様、コメントあり..
by buildersbridge at 19:21
世界最大級のSNS!フェ..
by フェイスブック at 15:09
Oさんの作品いよいよなん..
by 船橋のN at 16:44
NO34さん、先日はあり..
by 流山のN at 10:24
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

都心の緑と大正ロマン?

先日、セミナーを聞きに丸の内の「日本工業倶楽部」に出掛けてまいりました。
大正9年に完成した「日本工業倶楽部」の建物(作品)は、建築家「横川民輔氏」の設計による堅牢優美を誇る鉄筋コンクリートの建物でございます。
その後、平成15年に免震・耐震補強などの改修工事を行い、外装、内装ともに今の姿によみがえりました。
b0186192_19112967.jpg

「横川民輔氏」は、日本橋三越本店なども手がけた日本の商業建築設計のさきがけ的な存在です。
彼の作品が、近代的なオフィスビルが建ち並ぶ「丸の内」の一角に、東京駅の赤レンガ駅舎とともに鎮座する姿は、時を超えた空間にタイムスリップしたかのように、なんともレトロな感じがいたしました。
日本を代表する大手企業の重鎮が名を連ねる「日本工業倶楽部」のメンバーによって、
この作品の姿を現代に、いや未来まで継承されることがとても嬉しく感じられました。
日々姿を変える都市景観ですが、ある国会議員様が東京中央郵便局の再開発にあたって「重要文化財になるものをなくすのは、トキを焼き鳥にして食べるような話だ」と仰っておられたことを思い出します。僕も同感でございます。



b0186192_19151180.jpg

セミナーが終わって、大手町駅まで歩く途中にオフィス街のオアシス?「ビオトープ」を発見。
足早に行き交うビジネスマンの傍らで、こころ安らぐ「緑の風景」を演出しておりました。
b0186192_1919225.jpg


Builders Bridge Official site


↓↓投票受付中!宜しかったらクリックしてください!
人気ブログランキングへ
[PR]

by buildersbridge | 2009-07-25 19:21 | Comments(0)
<< ロバータ・フラック ちょっぴりイメージチェンジ >>